ラグビーワールドカップ 開会式&開幕戦 行ってきた

幸運にも、ラグビーワールドカップの開会式と開幕戦、日本vsロシアを見る事ができた。

1年位前から、抽選だったり、一般販売開始日に挑戦した日本戦。8月にスコットランド戦を確保したから、もういいかと、有楽町のライブビューイングに行く気だったのだが、知人が入手したのを聞き一念発起。水曜日(つまり前々日!)の午前中にカテゴリーBをGet。しかも1階席。たまには奇跡が起きるのです。

さて当日。午前中は普通に仕事をして、午後から味スタ…もとい東京スタジアムへ。京王線の新宿駅経由で行ったのだけど、新宿駅ですでにボランティアや海外から来た方、もちろん日本代表のジャージを着た人たちがどんどん駆けつける。代表ジャージ、買っておけば良かった…

と悔やみながら飛田給駅へ。いつもの味スタとは雰囲気がまるで違う。スタジアムまでの売店を覗くと、応援グッズや他チームのウェアは売っているけど、日本代表ジャージは無し。無理かな…と諦めてスタジアムまで進むと、お!売ってる!よく聞くと、スタジアムすぐ脇のゼビオだった。お店の人に聞くと屋台よりお店の方が空いているとのことなので、お店に。

ところが、ワールドカップ仕様のユニは売切れ。というわけで普段のモデルを購入。まぁしゃーない。少なくとも、歩いていて違和感がないレベルにはなった!!スタジアムの正面に行くと、TVの取材、レポートしている人(日テレだった)、記念撮影している人、ざわついているけども、何か幸せな雰囲気が漂っていて、イベントに来た!という雰囲気。しかし入場ゲートはAゲートという事で泣く泣く歩く…

でも、結果的には正解。なぜならばファンゾーンに近いから。食料のしょぼさと水(アルコールではなく)の入手に苦労した後、いざスタジアムへ。開会式前のトイレはまだ平和でした。

そういえばロシアワールドカップの開会式はニュースですっ飛ばされて消化不良だったことを思い出した。リオオリンピックの開会式も適当にしか見ていないし、久しぶりに見る、ビックイベントの開会式。

見ている位置がバックスタンドに近い側だったから、プロジェクションマッピングがどんなだったっかは分からなかったけど、それなりに開会式を堪能。ところでラグビーワールドカップ、火の演出多くないか…?

開会式が18:30開始、試合開始が19:45と聞いていたので、45分くらいやるかと思っていた開会式は、19時前に終わってしまった…時間が余ったので、知人の席を訪問してみたり、プログラムを買ったり、長い長いトイレ列に並んでみたり。そんなこんなで19:30くらいになってしまった。

試合開始。ファーストプレーでいきなりボールをキャッチできないミス。あぁ、と思っていたら、同じようなミスをまたやってしまって開幕初トライを許す。とにかく初戦は必勝、勝ち点5を”取りに行かなければいけない”という状況で出だしとしては最悪。

でも、ラグビーというのは実力差がちゃんとでるゲームだったのを忘れていた。前半だけで2トライ、後半も2トライを挙げて気が付いてみれば20点差。ボーナスポイントも獲得。スタートとしては上々だった。そして冷静に考えると、開幕戦で”勝てる”相手と戦って、2戦目、4戦目が格上の相手、というのは日程的に恵まれているのかもしれない、否、このような日程が組めるのが”ホームアドバンテージ”なのだろう。”ホームアドバンテージ”といえば、本当に赤白ジャージだらけだった。それもみんなワールドカップ仕様のちゃんと来ているから偉い。

まぁ、チャンスになったら応援はするんだけど、今回は試合中の写真撮影にも挑戦。Jのゴール裏では絶対やらないし、プロ野球でも基本やらない事にしている1 んだけど、まぁ、開幕のお祭り気分だからね。東京スタジアムは改修されたのか、やたらと明るく、スーパーラグビーで設定に四苦八苦したのと比べると、試合中は1/250くらいで余裕で写真撮れました。開会式はむりだったけど…で、試合後に確認してみたんだけど、意外とボールもって前進/移動するシーンが少なくて、セットプレイばっかりになっていたのは反省点。もう少しスピード感のある画を撮っておけばよかった…。と言いつつ、東京スタジアムの1階後列から3~4列目からもそれなりにモノになったのは収獲点。まぁ、「やっぱ400mm欲しい!」とは思いますが!

ミーハーなイベントにのる自分に満足できたので、ロシア戦次第で売ろう、と思っていたスコットランド戦も結局行こうと思います。まぁ、今度は2階の天空席だから、写真撮影は無理そうなんだけど。あと帰り方を考えよう。ちょっと今回の武蔵境駅までのバスはきつかった…

  1. まったく意味は無いのだが、個人的には”願掛け”のつもり []