2019 明治安田生命J1リーグ 第12節:川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス 行ってきた

タイムアップの瞬間、「勝てた…」と思ってしまった。

試合開始前

自宅から行くより会社から行ったほうが近い、等々力。そこでフライデーナイトJリーグ。
もうこれはいくしかない、とチケット発売日にJリーグチケット経由で購入。でもアウェイ自由席なので、仕事が終わってゆっくり…という訳には行かず、会社で朝、「何もなかったら4時に帰ります。何かあっても5時に帰ります」と宣言して、実際、あったんですが(オイ)、5時に撤収。

ゆっくりと新丸子から歩いて、18時過ぎには等々力に到着。1Fアウェイゴール裏、結構埋まっていたのだけど、相手側自由席に近いエリアで幸運なことに手すりまで確保。独り身だったら何とかなるものです。

練習も終わったところでオーロラビジョンを観ていると、トゥーロン国際トーナメントにフロンターレの選手が選ばれました!とやっている。早いなー、と思っていると名古屋の相馬選手も選ばれました!とオーロラビジョンに表示。名古屋側からも大きな拍手。この辺、さすが川崎。

試合開始

色々なサイトでプレビューを読んでいると、「名古屋がどこまでできるか」という記事が多い。ただ、正直、去年のトラウマ。
7連勝(は、直前で止まったんだけど)で自信満々で「やってやるぜー!」と思って行ったら、正直何もできないまま負けた(あまりに悔しくてエントリも書かず、帰りのバス待ちの時に予定を考えずにレイソル戦のチケットを取っていた)のもあり、正直、どうなるんだろうなぁと思いつつ、もちろん声も出しながら、ゲームを見る。

最初は、おお、なんとかなりそうだ、と思ったんだけど、だんだんパス回し含め劣勢だなぁ…とハラハラしながら、でもなんとか0-0で行ける、かなぁ、と思ったらボールが急に、逆サイドのゴールに吸い込まれていく!先制!マジかっ!という訳で3試合目にして初の得点シーン(だが逆サイド)。とりあえず周りの皆様と喜びます。そのまま幸せなハーフタイムへ。スーツで来てしまったので、地面にべたり混むこともできず、立ちっぱなしなんだけど、SHISHAMOのライブをのんびりとみる余裕さえ出来る。

そして後半、まだDAZN観ていないんだけど、「これは勝てる、勝てるぞ…」と思えるようになってきた。ボールが回る、取られない、取られてもあっという間に取り返してまた攻める、それも、ボールが空を飛んでいかない、地上戦の状態。フロンターレがどんどん選手交代をしているのを見ながら、「今、名古屋の方がゲームの主導権握っている!勝てる!追加点も取れる!」と、自分の中で最高に盛り上がっていたのです。が、

でもまだ1点だしなぁ‥‥なんて考えたら、同点に追いつかれてしまう…

これ、負けパターンじゃねぇか?と思いつつ観ていたんだけど、思ったよりそうでもなかった。もちろん向こうに決定機を作られたりもしたし、レアンドロダミアンが負傷して実質10vs11になったというのもあるのかもしれないが、最終盤は、絶対、押していた。だからこそ、終わったときに「勝てた…」と思った。

試合終了後

武蔵小杉駅の横須賀線口行きのバスに乗りたかったのだけど出口が分からず南武線側行きのバスに乗りながら1 とりあえず、ゲームにはなったなぁ、と思いながらネットの海をさまよっていると、「家長いなかったし」「小林いなかったし」「ACLでターンオーバーだし」…って、まだ完全体じゃなかったのかよフロンターレ!という訳で、グランパスホームの試合は大変に面白そうなのですが、どう考えても無理なので、おとなしくDAZNで見ます。その時はガチのフルメンバーでの戦いが見たいです。

とりあえず、早いところで1回何でもよいから勝って欲しい。F東京のN井みたいな感じになってほしくない…

  1. 野球場工事中のため、通路が良く変わる。次回はゲーム観に行く前に確認すること! []
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする