2019 MLB開幕戦 行ってきました

人生初のMLB、行ってきました。

それなりに野球観戦を趣味とする自分にとって、Liveのイチローを観たことが無い、これを逃すと次の機会は多分無い1 、という思いがあったので、頑張っていくことにしました。

が、ローチケの先行抽選ではことごとく落選するという…みんな考えていることは同じようです。で、一般販売当日、2階席しかねぇ!という状態で「e+に見切れ席とか巨人戦だと売っているよな…」という事に気づき、レフト側見切れ席をgetした次第。よかったよかった。

て、見切れ席だと肝心のライト観れないんじゃね?あれ?

という事と、最悪1回の守備で交代する可能性を考慮し、ちょっとだけ早退して6時ごろには東京ドームに。肝心の座席の状態は?こんな感じでした。

スマホによるパノラマ撮影。レフト20列目5XX番

これ、試合開始前の写真ですが、実際に試合が始まってみると、ライト定位置の場合はギリ見える。実はセンターが見えない。だけどバックスクリーンのスコアボードは観れる、という事で、うーん、ギリセーフ!という感じ。3000円という価格を考えるとまぁまぁでしょうか。ただちょっとずれた人だとスコアボード観れなかったりするだろうから、リスク高いなぁ。

試合前の練習でイチローが出てきます。当然大歓声。そして練習終わりにフィールドシートの人たちにサインを始めます。それを見ながら、やっぱりこれが最後なんだろうな…という気持ちが沸き上がってきます。

で試合。どっちかというとマリナーズ先発の方が出来が良くて、アスレチックスの方が危ういなぁ…という感じに見えたのですが、初回、バックスクリーンに飛び込むホームラン(これは見えた)でアスレチックスがあっさり先制。2回、ランナー1塁で超極端な守備シフト。サードがセカンドとショートの間(という表現が正しい?昔の少年野球の”右ショート”の表現が正しい?)に入って3塁側ガラ開き。これ危険じゃねぇか…と思ったらちゃんとサードの選手の所にボールが飛ぶ(!)ゲッツーだ!と思ったらセカンドへ悪送球…なんのためやそれ…という事で2点目。

と、ココでイチローの第1打席。そりゃ写真撮ります。本当は「イッチロー!」てやりたかったんだけど、どうもやる雰囲気ではない(メジャー仕様ですから)ので、普通に見る。結果も打ち上げちゃって、残念!も、ここで満塁ホームランが飛び出して逆転に成功。それからもポンポンホームランが出ます。これがフライボール革命か…(←きっと違う)。

4回、イチローの第2打席は粘ってフォアボール。外野スタンドの身としてはこちらに近づいてくるので助かります。セカンドまで来て、これでホーム帰ると良いな、と思ったのですが残念ながらそれは叶わず。うーん、次の打席かな、という雰囲気つつまれ、攻撃終了後客が移動し始めたその時…いったんライトの守備位置についたイチローが戻ってきます。え?交代…?

という訳でそれまでとても盛り上がってゲームに集中していた観客の集中力が、正直相当切れました。まったりと進んでいきます。

それでも貴重な機会なので見続けます。主に3つ。

  • ホームラン出過ぎ
    • いや、本当に出すぎでした。簡単にスタンドインします。でも次の試合ではそうではなかったようなので、こういう日だった、という事でしょうか。
  • アスレチックスピッチャー頑張れ
    • ストライクが入らないんですけど…ピッチャーが変わっても、フォアボール出して失点しての繰り返し。大丈夫かねコレ。
  • 守備シフト(極端)
    • 先述のように、サードを1・2塁間に持ってくるのをもう1回見ましたが、アスレチックスもセカンドをえらくセカンド側に寄せて、2・3塁間を4人で守るようなシフトをまま見せてた。結果は1勝1敗、という感じでしたが、今年くらい、ファイターズあたりがやりそうな気がする…

そんな訳で興味深い試合となりました。何より、応援団がいないから、バットにボールが当たった時の音が外野スタンドまでハッキリ聞こえてくる(&お客さんの声援)が一番新鮮でした。これが球音を楽しむ日というやつか…

なんだかんだ言ってスコアも9-7と結構いい感じのゲームになって、なかなか楽しい時間でした。ただ惜しむらくは!2戦目に行ったほうが色々と後日話すネタ2 になったんじゃないかという事…

で、この辺の写真はスマホで撮ったんですが、デジタル10倍ズームは正直辛い。光学15倍ズームがあると楽しかっただろうなぁ

  1. 1999年に東京でてるんだから、当時だったらファイターズ戦もあったし、WBCもあったんだからいくらでも行けたんじゃないか、という後悔の念があった []
  2. このエントリは3/23に書いてます。このブログの日付はイベント発生日基準としています []
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする