2018 セ・リーグ公式戦 讀賣-中日 13回戦 観に行きました

日曜日にJr.と一緒に行ったヤクルト戦。先制して逆転されて追いついて、勝てるんじゃねぇか…と思ったら8回裏に又吉が山田哲人に勝ち越しホームランを喰らってあっさり3タテ。ものすごく悔しかったのと、今年はもうJr.と行けそうな日程が無いなぁと言っていたのが急きょ土曜にの予定が空いたこと、から、土曜日の巨人戦を狙ってみることに。


流石にe+などの一般売りは立ち見以外は不可、ヤフオクも時期が過ぎてしまったので目ぼしいのは無く、うーん、無理かな~と思っていた木曜日の夜、何の気無しにe+を見たら、外野ビジター指定席で2列並びが二組、ぽっかりと受付可能状態になっていたので反射的に取りました。たまには奇跡があるのです(個人的にはBABYMETALの見切り席取って以来だな)。

しかし、台風はやっぱり来そう。そして何より、前日に屈辱的な記録を作られ1  、土曜日、向こうの先発は菅野、こっちは小笠原。敗色濃厚、というか下手すると2試合連続で喰らいそうな不安感とともに東京ドームへ。雨は幸いなことにそんなに強くなりませんでした。途中で暴風警報が出てましたが…

で場所。ブロック的にいうとF01ブロック=一番内野寄りの外野ビジター。前から数えたほうが早いくらいの位置でした。直前に取れた席とは思えないくらいの良席。しかも前2列はカメラ席扱いになっているようでお客さん無し。もしかしたらTVに抜かれていたりしたのだろうか。

さて試合。初回、1番の京田が内野安打。これで二日連続の記録は無くなった…(いや本当にこう思った)、とほっとしていたら2番亀沢が綺麗なヒット。あれ、チャンスじゃね?という訳で多分昨日1回もできなかったチャンテが始まります…大島外野フライ、ビシエドのフライは…よく分かんないけど京田がナイスランで1点。22イニングスぶりだそうで。そういえば個人的に完封負け喰らった記憶が無いなぁ。ところが次の平田が死球退場。結果1点どまり。まだまだ不安は尽きません。現に1回の小笠原は危なっかしい感じでしたがなんとか無得点、球数も多い。逆に菅野はだんだん立ち直ってきて、途中から10球足らずで三者凡退。勝ってるか負けてるか分かんねえ、という状況になっていきます。行きますが…ビシエドヒット→松井(外)凡退の藤井がなんとホームランで2点追加!豊橋とか意外性とか言ってごめんなさい。

7回終了時点でJr.のいつもの希望で31にアイスを買いに行きます。ヤバそうだった7回が何とか終わり、アイスも買ってコンコースを歩いているとビシエドの打球がレフト巨人応援席に飛び込んで行った!これで4-0。あとは9回表の最終打者からずっと「おがさわら!」コール。2試合連続の恐怖はプロ初完封勝利の記念すべき試合を見ることになりました。試合も3時間未満で終わって、電車も問題なく動いていてめでたしめでたし。
これでしばらくはドラゴンズ成分が無くても戦えそうです。秋口に何位になっているかは分かりませんが…

  1. 話したくないのでぼかす []