坂本真綾 Live tour 2013 ~Roots of SSW~ に行く

というツアー名のはずなのに、のっけから「ロード・・・あ違った」とMCで発言するのは反則だと思う。

「ミツバチ」のライブに行きたくてローソンチケットの抽選に応募するも、ハズレ。ま、しゃーないかと日々を過ごしていると坂本真綾のライブ先行抽選のメールが。まー外れるわな、と思ってエントリして見たら当選。欲張っちゃいけません。あたらしいアルバムからの選曲が多いということなので、CDを通勤中に聴くこと数回。前日になってチケットをようやく引き換えると1  、なんと1階8列目。おいおい。俺みたいな人が行ってついていけるのかよ、と不安になる。会場について座席2 に座って周りおよび上を見ると、席はほぼ埋まっているし、年齢層もだいぶ幅があり、男女比も偏っていない。どんな感じになるのかな・・・

スタートはおそらくレコーディング風景の写真が何枚も映し出される。カメラほしくなるよう。で、始まってもとりあえず近辺の人は席を立たないし、「今日はたぶん、汗をかきません」とMCでも話されたように、今回は「聴かせる」ライブでした。立ってたのは後半の1/3くらいかな?わかる曲、わからない曲(特に英語!)・・・いや、わからない曲の方が多かったな・・・・もありましたが、単純に心地よい音楽と、美しい声を堪能してきました。美人で、素敵な声で歌えて、作詞作曲もできるなんで羨ましすぎです。座席もかなり前の方だったので、歌っているとき、話しているときの表情もよく見えて、まぁ一言でいえば「美しい」なのですが。うん、ずっと見てた気がする。

MCが色々面白くて、一番受けたのはバンドメンバー紹介のときの夢ネタ×2ですが3 、一番印象に残ったのは「今回のツアーは誕生日イブから始まって、まだ自分では誕生日月間なのですが」という誕生日ネタ。うん、最近比較的どうでもよくなっていた自分の誕生日ですが、去年の自分を成長を感じ、来年またその感覚を得るために努力するための記念日、というのはなんとなく心に刺さった。怠惰な日々を過ごしてはいけませんね…

後半のメドレー、アンコールでの「いつもの」の発言にもあるように、多分普段はもっと皆で飛んで跳ねてな感じなのかな。でも、じっくり聴けて、頭空っぽになったり、色々気になっていること(仕事とか、家とか)を考えてみたり、単純に跳ねて脳みそと体力をつかいつくすより、頭への良い休憩、いや栄養補給になった感じが。そりゃアンコールでの「Get No Satisfaction!」とか楽しかったけどね!

一つ残念だったのが、終了後人波に流されるまま会場を後にしてしまい、グッズ販売コーナーに立ち寄れなかったこと!ま、無駄遣いをしなかっただけ良しとしよう。でもパンフほしいな通販あるんだよなどうしよう…

[amazonjs asin=”B00AV4VAZY” locale=”JP” title=”シンガーソングライター”]

[amazonjs asin=”B0035NO6X6″ locale=”JP” title=”グレープフルーツ”]

MC中にデビューの時の話があったので、帰り道のSHIBUYA TSUTAYAで借りてみたとさ。今はiTunesにもあるんだな

  1. ローソンチケットの受け取りシステムを初めて使ったが、何の数字を入れればよいかさっぱりわからず5分くらい端末の前で格闘する羽目に []
  2. Bunkamuraオーチャードホール。全席指定だったのだ []
  3. newbalanceの代わり!としてナースの靴にしたとか、ライブ前に喧嘩した「夢」 []
Live
スポンサーリンク
fmasa105をフォローする
fmasa105.net /blog

コメント

  1. […] 坂本真綾については超大ファンでは無いのだが、シングル/アルバムが出るたびにチェックはしてる。レンタルで借りることが多いかな。でも今回手が伸びたのは、去年行ったライブのCDが付いてきているから。しかも自分の行った日である。でも普通にアニメイトで買ったから「はい、いなり盤ですね」と強調されてしまった。そりゃまぁ、録画してるけどさ、いなり。見てないけど。 […]