nexus7を購入:序 さよならsony tablet

年末に、7月に買ったsony tabletを売り、nexus7 32GBを購入した。 nexus7の事を書く前に、当初想定していたsony tabletの使い道が、結局どうだったかの感想を。すなわち、自分の生活の中におけるタブレットのありかたについてのもくろみと現実の相違を。

  • みんなで使う→自分専用
    購入時は家族(具体的には相方)も使うことを想定していたが、導入してみると家族は全く使わない。普通にPCを起動してる。ならば、自分専用として持ち運べる方が良いと思った。もともとiconia tab買おうとしてたしね… 
  • ビデオ消化機→消化できず
     これは購入時の確認不足だったのだが、blu-rayレコーダーの録画が、sony tabletでは見れなかった。原因はtablet側で無く、レコーダー側にある(配信用のエンコーダーが無いのかな?)のだけど、これならば、無理してsony tabletに執着することないかな、と。
  • 性能足りない
     コレが大きな理由だが、android4.0のスペックにsony tabletが対応してない。chromeで数枚タブをあけると、異常に遅くなってchromeが落ちる。ブラウジングが辛い。これでは使えない

ただ、タブレットが不要かというと、そうでも無かった。
当初は起動がとんでもなく遅いPCのサブ的な位置づけとしていたが、あまりの遅さにPCの買い替えを決意。ただ、今まで相方と別々に導入していたPCが共有することになり、相方利用時のWebブラウジングなどにタブレットは利用することとなった。携帯もAndroidだから一緒じゃないか?とも思ったのだが、寝っ転がって色々するにはやはりタブレットのほうが具合が良い。

ただし、購入当初は「タブレットにしかないアプリを・・・!」なんて構えていたのだが、結論、そんなものは無い。携帯にて使っているアプリをタブレットに詰め込めばまぁいいや、という形に落ち着いた。Readerとかは使ってみたかったのだが、なんとなく怖くて回避。自分の中ではKindle待ちだった。

ipad mini買って壊れかけのiPod touchと兼ねるなんてプランもあったが、さすがに持ち運びがつらそうなので回避(あと価格)。

ちなみにsofmap買取は満額12,000円でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする